就職に役立つ資格や仕事にプライベートに使える技!スキルアップ法公開

プログラミング

初心者プログラミングはじめの一歩

 

プログラミング

 

自分が確実に使うものをプログラミングで作ってみましょう

 

昨今のAIによる機械学習やロボット技術などの普及により、プログラミングが流行し始めています。
興味はあるけれど経験がなく不安な方や、とりあえず始めてみたい方も私の周りに増えてきました。
しかし、はじめのところでつまづいてしまうことが多い、ということもよく聞くようになりました。
そのはじめの一歩につまづかないよう、私の経験を踏まえてコツをお伝えしたいと思います。

 

 

なぜ始めようと思ったのかを考えましょう

 

おそらく、ただはやっているから、だけでプログラミングを始めてみようと思う方は少ないと思います。
何かしらのメリットに惹かれて始めてみたいと思う方が多いのではないでしょうか。

 

  • ・スマート家電をより便利に
  • ・ネットの記事を自動収集したい
  • ・子供の教育目的
  • etc...

 

私の場合は業務効率化を進めていく中でプログラミングの導入による自動化や作業時間短縮に思い至ったということがあります。
具体的には、ブラウザで表示される機器のログを定期的に取得し異常がないか確認する、という作業について、都度都度ログインしたりコピペして履歴管理したり、という作業をプログラムを実行するだけで終わらせられないか、というものでした。
職業柄パソコン操作が多いため、今後の武器として役立つかもしれない、というのもポイントのひとつでした。

 

こういった具体的な思いがはじめの一歩につまづかないためには必要となります。

 

 

自分の身の回りでこれなら使う、というものを探しましょう

 

プログラミングは手段であって目的ではありません。
深く考えずに興味本位で入門本を買った方の失敗例として、例えば以下のような話をよく聞きます。

 

  • ・初心者向けの本を買ったけど、構文が書いてあるだけで暗記物の学習になってしまい、継続できない。
  • ・書籍にあるサンプルプログラムを作ってみたけれど、電卓や既に持っている製品があれば済むものなので結局メリットが感じられない。

 

多くの方がはじめの一歩でつまづくのには、このような理由が多いのです。
プログラムというのはその人の生活の中にある何かに役立てるための道具ですので、冒頭に申し上げたように具体的に実現したいことを描くことが失敗しないコツです。
そのためいきなり本を買って手を動かすのではなく、まず何をしたいかをノートに書いてみましょう。
その目的に対してより適切な内容が書かれた本や、プログラミング言語にも種類がたくさんあるので、より適切な言語が見つけられるはずです。

 

 

途中でくじけそうになったら

 

プログラミングにいざ手を付け始めたら、なかなかやりたいことが難しくてくじけそうになることもあるでしょう。
私がこういったハードルを乗り越えたのは、以下のように対応したことが大きかったと思います。

 

・自分の実力に合わせてマイルストーン(小さなゴール)を設定する。
  最初はサイトにログイン成功するところまでを一つのゴールにしました。
  それまでは経験がなかったっために、手を動かしてみるまで適切なマイルストーン設定ができなかったのです。
  手を動かし始めてそういった対処がとれるようになりました。

 

マイルストーン設定はやっていく中で何回でも見直しましょう。
最終目的を達成するまでの間、いくつもの小さなゴールを達成することで自分の自信にもつながります。
この自信というのが、今後の大きな財産になるのです。
やり切ったことのある人と、そうでない人に大きな差が出るのは、こういった部分に理由があります。

 

 

はじめの一歩、の後の計画を立てましょう

一歩目の踏み出せた人はもう大丈夫。次の目的を設定しましょう。
最初の目的に似たジャンルでも構いませんし、全く違うことでもよいと思います。
二歩目はもっと上手に踏み出せるはずです。

 

また、プログラミングにかかわることではありますが、このようなステップアップはプログラミングに限った話ではありません。
最終目的を設定して、マイルストーンをクリアしていく経験はきっとプログラミング以外でも役に立つ経験となります。

 

それでは、ぜひ楽しい一歩を踏み出してください!

トップへ戻る