就職に役立つ資格や仕事にプライベートに使える技!スキルアップ法公開

英語学習

英語学習で能力アップ

 

英語学習

 

「英語はたくさん読むことが大切」

 

英語を学習するのに資格のためだけに行っている人がいます。それは、勿体無いです。外国語を学習することは、脳科学的にも様々な能力が上がることが証明されています。資格目的ではなく日々に少しでも「英語を読む」ことが能力アップの秘訣です。

 

 

.英語が苦手な人は、単語力をつけて、文章を読もう

 

まず、英語を学習する上で欠かせないのは、音と目で単語を覚えることです。単語も覚え方が大切です。中学・高校で学ぶ英単語は、4,000語ほどですが、現代の英語教育では、読む量が圧倒的に少ないのです。6年間の教科書で、たった3万語しか読まないので、英語を理解するための脳をつくり上げることが困難です。早いうちから、練習用の洋書を読んで、自然と語彙力(単語力)を身につけるのが理想的ですが、最初の1000語くらいは、必ず音声と視覚で単語帳でしっかり勉強しましょう。それから、文法力を身につけるために文法書を1冊取り組みましょう。

 

 

.ある程度英語が理解できるようになったら、ひたすら、本や雑誌、新聞などを読みましょう

 

1,000?1,500くらいの単語を覚えて、文法書をある程度理解できるようになったら、後は、英語多読で語彙力を身につけ、読むスピードをアップさせましょう。大体1年に2?300万語を目指して、感覚的に脳を英語モードをつくり上げることが大切です。学校の教育では、3万語しか読まないので、英語モードになりたくてもなれないことが多いのです。大体、センター試験をすべて読み終わるのに100WPM(1分間に100語)、TOEICを全部やり切るのに150WPMの速さが必要だと言われています。英語多読の原則として、「わからない単語が出てきても辞書は、引かない」、「内容が難しかったら投げ出し、次の本に取り組む」などがあります。100万語くらい読み進めていくと、「あれ、こんなに英語が読みやすかったっけ」のような状況になります。また、わからない単語も大体の意味で捉えることができるので全体的な内容をつかむことが出来ます。また、リスニングにも効果が有り、相手の話している内容がわかるようになるといわれています。駅や地下鉄にいる外国人の会話が聞こえてくると、耳が瞬間的に反応するようになります。英語で理解したいという欲求がでるようになり、さらに英語力の向上が目指せます。

トップへ戻る